日本国際法律家協会 JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)

 

〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-4-906

Fax 03-3225-1025 

メール jalisa(a)jalisa.info ((a)を@に変えてメールでお送りください)

© 2019 by JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)

​日本国際法律家協会 (JALISA) のあゆみ

1 JALISAの創立


  ①    前史

                   1946年10月     IADL創立
     1954年  4月  国際民主法律家協会(IADL)日本支部準備会
                 10月  アジア法律家会議日本準備会
     1955年  1月  アジア法律家会議(カルカッタ)に日本から代表団派遣
     1956年  5月   IADL第6回大会(ブリュッセル)に日本から参加


  ②    協会の創立
     上記の2つの国際会議に向けた日本代表団の準備活動を母体にして1957年4月に国際法律家連絡協会(Japan

                    Lawyers International Solidarity Association〔=今日のJALISA〕)が創立される(IADLと連携をとる日本の

                    組織として発足)


 

2 第4回総会(1965年8月)から第5回総会(1982年7月)まで
 

  ➀    17年におよぶ「空白」
     1965年8月の第4回総会以後、長年(17年間)にわたって総会が開かれず
     1971年4月の長野国助会長の死後は会長不選出のまま、事務局長以下の事務局で運営

 

  ➁    ベトナム反戦運動の展開
 

3 協会の再建と沼田会長の登場
 

  ①    第5回総会(1982年7月)の開催と沼田新会長の選出
     1982年7月   第5回総会(17年ぶり)、沼田稲次郎新会長を選出し、協会が「再建」された
     1983年10月 第6回総会―協会の名称を現在の「日本国際法律家協会」(Japan Lawyers’ International

           Solidarity Association〔JALISA〕)に改称
    その後協会は毎年総会を開催


  ②    核兵器廃絶運動への取組


4 第2回アジア太平洋法律家会議(COLAPⅡ)の日本開催


  ① COLAPⅠ(ニューデリー)への参加
     1988年2月 第1回アジア太平洋法律家会議(COJAP)(ニューデリー)


  ②   COLAPⅡの日本開催
     1990年2月 国内実行委員会を組織
     1991年9月 第2回アジア太平洋法律家会議(COLAPⅡ)の日本開催
     その後COLAPの会議には毎回参加

 

5 IADL第13回大会(バルセロナ)の波紋とIADL再建に向けての模索
 

  ➀ 転機となったIADL第13回大会(バルセロナ)
     1990年3月 IADL第13回大会(バルセロナ)
     その後IADLは財政再建と機構改革を迫られる


  ➁ バルセロナ大会のわが協会への影響
     バルセロナ大会以後、わが協会の中で、IADLの今後の活動方向、これに当協会がどうかかわっていくかにつ

     いて真剣な議論がかわされた

 


6 活動の多様化
 

  ➀ 米軍基地の縮小・撤去を求める市民・法律家訪米団の活動
 

  ➁ IADLの沖縄調査
 

  ③ 日米労働問題国際シンポジウム(1998年2月)
 

  ④ ハーグ国際平和アピール市民会議(1999年5月)


 

7 組織としてのCOLAPの設立


     COLAPについては、発足当初から、組織としての設立をめざすことが論議されていたが、ついに2016年6月

     に組織としてのCOLAPが結成された(第1回執行部会議は2017年1月に東京で開催)
     JALISAはその結成に大きな役割を果たし、笹本潤弁護士が事務局長に就任した

 

8 活動の広がり


  ・IADL大会・総会、ビューロー会議等への参加
  ・組織としてのCOLAPの運営、諸会議への準備・参加
  ・「平和への権利」宣言を求める国際キャンペーン
  ・9条世界会議(2008年5月幕張、2013年10月大阪)への参加・寄与
  ・核兵器廃絶
  ・JFC問題や外国人居住者の抱える諸問題への取組み
  ・原発問題(原発と人権ネットワークの活動への参加)
  ・安保関連法案反対など法律家6団体(日本民主法律家協会、青年法律家協会、自由法曹団、社会文化法律セン

   ター、日本反核法律家協会、JALISA)の活動
  ・外国軍事基地の撤去、軍事同盟の解消(沖縄、日米安保)
  ・国連関係(国連人権理事会、人権規約選択議定書批准、国連改革、ICC〔国際刑事裁判所〕)
  ・各国法律家との交流
  ・機関誌(“INTERJURIST”)の発行

 

あなたも、

世界を動かす力になりませんか?

 

日本国際法律家協会は、新しい仲間を募集しています。

平和や人権に関する活動をされている方

平和や人権に関する問題に関心をお持ちの方

国際的視野を持って取り組んでいきたいという思いを持った方

 

上記のような方のご参加をこころよりお待ちしています。

 

この他にも、海外に行って、海外のものの考え方に接し、

日本という国を客観的にみてみたいという人も大歓迎です。

弁護士の方 

月額2.000円(5年目まで1,500円)

 

研究者の方  

月額1,500円

 

その他の方・司法修習生の方 

月額500円

​会費