検索

オンラインイベント(11/17) 響きあう人権 やさしさと勇気は国境を越えて~国連の「弁護士の役割に関する基本原則」を中心に~

最終更新: 2020年10月12日

11月17日(火) 午後6時30分~午後8時

日本弁護士会連合会事務総長を努められた大川弁護士が、本年7月「響きあう人権 やさしさと勇気は国境を越えて」を出版されました。

「自由、人権、民主主義のために献身的に取り組む人たちは、国内の人たちも、国外の人たちもやさく、勇気があり、人間的魅力に溢れているように思われる。それらは、自らの地位や利益だけを考えて生きるのではなく、他者を思い、社会をよりよいものにしたいと願い、ときに金銭を度外視し、危険があっても立ち向かっているからであろう。」と同書あと書きで述べる大川弁護士。

大川弁護士が今日迄に出会い、経験された国際人権活動について、国連の「弁護士の役割に関する基本原則」の観点からご講演いただきます。


講師: 大川真郎(弁護士)


1964年3月 東京大学卒

1969年4月 弁護士登録

1991年4月~1992年3月 大阪弁護士会副会長

2002年4月~2004年3月 日本弁護士連合会事務総長

2004年4月~2008年3月 立命館大学法科大学院特別契約教授

2010年7日~2013年4月 日本司法支援センター(法テラス)常務理事


要事前申込(参加費無料)

お申込みを済ませた方に、ZOOMに関するご案内を11月17日正午までに、メールでお送り致します。


参加をご希望の方は、11月15日(日)23時59分までに、下記の申込フォームに必要事項をご入力ください。

https://kokucheese.com/event/index/603143/


申込フォームへの入力ができない場合には、

・11月17日のオンライン学習会に参加をご希望の旨

・氏名

・フリガナ

・ご所属(任意)

・メールアドレス

を明記し、jalisa(a)jalisa.info 宛に、メールでお申込みください。

         *メールアドレスは(a)を@に変えてください


最新記事

すべて表示

IADLの執行部会議で、福島の汚染水放出を非難する決議が採択されました

フクシマの原発汚染水の海洋放出に関するIADL声明 日本政府は、福島原子力発電所内に保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋放出することを決定した。この決定は国の内外から強い批判を浴びており、直ちに撤回することを求める。 汚染水に含まれるトリチウムの安全性を保障する科学的見解がなく、それ以外の放射性物質が含まれていることも明らかになっており、汚染水の海洋放出による人体や環境への被害は

災害時の外国人支援のためのオンラインアンケートのお願い

CWS Japanの「災害時の外国人支援のためのオンラインアンケート」の協力をしています。都内在住の方を中心に、アンケートにご協力ください。日本語、英語、ベトナム語、ミャンマー 語、ネパール語、中国語二種類があります。締め切りは4月26日とありますが、5月上旬ぐらいまでは大丈夫そうです。 -災害発生時に困ること- Questionnaire on the Needs of Foreign Resi

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I