検索

オンラインイベント(9/15)コロナ禍とその後の世界:「当たり前」がコロナ禍を生んだならば、その当たり前に本当に戻るのか?

(followed by English)


現在の新型ウィルスの世界的流行に伴い、本会として参加を検討していた国際会議が中止・延期を余儀なくされていることから、

日本国際法律家協会(JALISA)では、終息後の国際会議に向けた準備も兼ねて、連続オンライン講座を行っております。


9月15日は、イタリアで活動する教育家・多文化教育研究者をお招きし、コロナウィルスの猛威下での生活と、

感染症対策による社会活動への影響、そこから見えてきた人々の連帯について、お話頂きます。

開催日が近づきましたので、再度ご案内申し上げます。


「コロナ禍とその後の世界:「当たり前」がコロナ禍を生んだならば、その当たり前に本当に戻るのか?

A World under and after the COVID-19: If normality produced the COVID-19, are we sure we want to go back to that normality?」


日時:2020年9月15日(火)19時~20時

講師:メリタ・クリスタルディ氏

    (イタリア・カターニャの学校フォンタナロッサ・カターニャ 異文化間教育コーディネーター)

   ジョヴァンニ・パンパニーニ氏

    (イタリア・カターニャ、人文社会科学学際研究所主宰)

 ※言語:英語(日英逐次通訳あり)


参加費:無料(ただし、要事前申込)

申込期限:9月13日(日)23時59分


氏名、ご所属、メールアドレスを明記し、メールでお申込みください。

送信先:jalisa@jalisa.info 


オンライン会議システムZOOMを使用します。

参加申込みが済んだ方に、接続に必要なURL、パスワード等を9月15日正午までにメールでお知らせします。


主催:日本国際法律家協会


※次回以降の予定

*************************

パレスチナ問題入門

医療・こども支援活動から見える問題と実態

日時:2020年10月2日(金) 18:30~20:00

詳細は、9月中旬頃にお知らせ致します。

*************************


The Japan Lawyers' International Solidarity Association (JALISA) will host a series of online public lectures focusing on a society under and after COVID-19.

We will invite two guests from Italy who work in a field of intercultural education and research. They will provide us with lecture and discussion on life and society as well as appearing solidarity effected by the COVID-19.


"A World under and after the COVID-19: If normality produced the COVID-19, are we sure we want to go back to that normality?"


Date: 15 September 2020 (Tue.)

7.00-8.00pm JST


Guests: Dr Melita Cristaldi (Coordinator of Intercultural Education, Fontanarossa School, Catania, Italy)

Dr Giovanni Pampanini (Director, Studio Interdisciplinare di Scienze Sociali e Umane, Catania, Italy)


Language: English (with consecutive interpretation into Japanese)


Online event by Zoom


Admission: Free but registration in advance required.

Registration: Please send your name, institution you belong to, and e-mail address to:

jalisa@jalisa.info


Due Date: 11.59pm JST, 13 September 2020 (Sun.)


An ID and password required to participate in the event will be informed by the e-mail to the address which you have registered by noon on 15 Sep.




日本国際法律家協会(Japan Lawyers' International Solidarity Association: JALISA)

最新記事

すべて表示

IADLの執行部会議で、福島の汚染水放出を非難する決議が採択されました

フクシマの原発汚染水の海洋放出に関するIADL声明 日本政府は、福島原子力発電所内に保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋放出することを決定した。この決定は国の内外から強い批判を浴びており、直ちに撤回することを求める。 汚染水に含まれるトリチウムの安全性を保障する科学的見解がなく、それ以外の放射性物質が含まれていることも明らかになっており、汚染水の海洋放出による人体や環境への被害は

災害時の外国人支援のためのオンラインアンケートのお願い

CWS Japanの「災害時の外国人支援のためのオンラインアンケート」の協力をしています。都内在住の方を中心に、アンケートにご協力ください。日本語、英語、ベトナム語、ミャンマー 語、ネパール語、中国語二種類があります。締め切りは4月26日とありますが、5月上旬ぐらいまでは大丈夫そうです。 -災害発生時に困ること- Questionnaire on the Needs of Foreign Resi

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I