top of page
検索

カトマンズ宣言 2023年7月28日 アジア太平洋法律家連盟(COLAP)

(English version is below.)

2023年7月28日、ネパール・カトマンズにおいて、私たちCOLAP(アジア太平洋法律家連盟)は、アジアの平和についてのセミナーを開きました。アジアの平和の危機に対して、8カ国の法律家の参加と文書参加により、熱心な議論を経て、カトマンズ宣言を採択しました。


現在、アジアは特に軍事的緊張が高まっていて、ウクライナ戦争の余波を受けて、さらなる軍事的緊張と戦争への危険、国家ブロックの分断の危機に瀕しています。私たちは、平和の危機の根源にある軍事同盟や覇権主義による内政干渉をなくし、国連憲章が求める多国間主義、非同盟の動きを強化するための努力を誓い合いました。


この宣言をいろいろな国際、国内の組織に広げて、この方向での力を結集するように訴えます。



カトマンズ宣言


アジア太平洋法律家連盟(COLAP)


2023年7月28日


私たちアジア太平洋法律家連盟(COLAP)の弁護士は、2023年7月28日、ネパールのカトマンズに集い、アジア太平洋地域における現在の軍事的緊張を憂慮し、ここに宣言する。


米国はトランプ大統領以降、「インド太平洋地域」構想を掲げてアジアにおける軍事的プレゼンスを高め、特に日本、韓国との軍事同盟を強化し、中国、北朝鮮、ロシアを包囲しようとしている。中国、ロシア、北朝鮮を取り囲むアジアの近隣諸国は、軍事力を増強し、軍事演習を行っている。このような動きは、アジアにおける軍事的対立を悪化させ、戦争の危険を増大させ、アジアの人々が平和に暮らす権利を侵害する。


朝鮮半島では、朝鮮民主主義人民共和国の核実験に対応するという口実で、米韓合同軍事演習に、核戦略潜水艦を含む米国の核戦略資産を動員した。米韓合同軍事演習は、ユン政権発足以降、より頻繁に大規模に実施されるようになり、北朝鮮はこれに呼応してミサイル発射実験を繰り返している。この朝鮮半島における核危機は、朝鮮戦争以来の深刻な事態である。日本は、中国と北朝鮮の脅威を計画的に宣伝し、自衛隊の敵基地攻撃能力を開発し、軍事予算を倍増させることによって、世界第3位の軍事大国になろうとしている。バイデン大統領のリーダーシップの下、日米韓3カ国軍事同盟は何度も会合を開き、北朝鮮を抑止するために3カ国が軍事力を強化することを確認した。北朝鮮に対する長年にわたる経済制裁は解除されておらず、その結果、北東アジアに壊滅的な打撃を与える核戦争の可能性もあり、対立はより深刻かつ激しくなっている。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の経済制裁は長年にわたって解除されておらず、その結果、北東アジアに壊滅的な打撃を与える核戦争の可能性によって、対立はより深刻かつ激しくなっている。したがって、朝鮮半島に関連するこれらの問題の解決は緊急に行われなければならず、我々は北東アジアのすべての政府間の対話を早急に行うことを求める。


台湾では、米国のシンクタンクCSISが発表した台湾有事シナリオに、台湾有事の際の日米台の軍事行動が詳述されている。米国の軍事行動は国連憲章上の集団的自衛権には該当せず、単なる軍事的内政干渉に過ぎない。中国の脅威を強調することで、日本は軍事力を増強し、米国の戦略を補完しようとしている。


フィリピンでは、米国は新たに4つの軍事基地を使用し、台湾有事や南シナ海に向けた軍事力を強化しており、そのための米比軍事演習も行われている。


米国は、韓国、日本、フィリピンとの軍事同盟の強化に加え、AUKUSやQUADにおける豪州や英国などアジア以外の国々を巻き込みながら、インド太平洋諸国全体における中国包囲網を強化している。


南シナ海では、中国はベトナムの排他的経済水域に調査船を派遣し、南シナ海で戦略的空爆演習を展開し、フィリピン沿岸警備隊の船舶を威嚇し、沖合の島々に軍事施設を建設するなど、緊張をエスカレートさせ続けている。このような状況において、南シナ海におけるフィリピンの対中訴訟において2016年7月12日に下された仲裁裁判所の裁定、国連海洋法条約の規定、南シナ海における行動規範の締結を遵守することを含め、平和的解決が求められている。


バングラデシュでは、深刻なロヒンギャ難民の危機が続いている。約1000万人以上のロヒンギャが、ミャンマー軍事政権による迫害の犠牲となってバングラデシュに逃れてきている。COLAPは、ミャンマーが緊急にロヒンギャ難民の送還を受け入れ、彼らの安全と尊厳を確保し、再定住を行い、国連のガイドラインに基づき祖国での市民権を認めるよう要求する。


COLAPは、アフガニスタンで女性や知識人に対する暴力が続いていることに深刻な懸念を表明する。我々はNATOとタリバンの戦争犯罪と人道に対する罪、そして現在の不安定な結果を非難する。我々は、NATO占領軍とタリバンに対し、国際刑事裁判所において刑事手続きを開始することを要求する。


COLAPは、アジアのすべての主要国に対し、この地域の国々の内政への干渉をやめ、独裁と覇権主義を慎むよう要求する。


ASEAN、BRICS、SAARC、NAMなど、グローバルサウスを中心とする非同盟諸国の大きな流れを強化し、軍事同盟という国家間の関係から、軍事同盟に反対し、軍事的対立から非同盟のアジアへと進むべきである。いかなる形であれ、新たな植民地主義に反対する。


2016年の発足以来、COLAPはアジア太平洋諸国の弁護士の会合を組織し、重要な声明や決議を発表してきた。私たちは、紛争の平和的解決と武力行使の禁止という国連憲章の原則を遵守する必要性を強調してきた。私たちは、国連憲章の多国間主義の原則に基づく国際関係を求めてきた。我々は、国連宣言およびASEAN人権宣言に示されたアジア諸国民の平和と発展の権利を実現するために、アジア太平洋におけるあらゆる軍事的対立を回避しなければならず、この目標の達成に向けて努力することを誓う。


To concerned organization


On July 28, 2023, in Kathmandu, Nepal, we, COLAP (Confederation of Lawyers of Asia and the Pacific), held a seminar on peace in Asia. After intense discussion and written participation of lawyers from eight countries, we adopted the Kathmandu Declaration on the crisis of peace in Asia.


Asia is currently on the brink of further military tension, the danger of war, and the fragmentation of national blocs, especially in the aftermath of the war in Ukraine. We pledged our efforts to end the interference in our internal affairs by military alliances and hegemony, which is at the root of the peace crisis, and to strengthen the multilateralist and non-aligned movement required by the UN Charter.


I appeal to you to extend this declaration to various international and national organizations to join forces in this direction.



Kathmandu Declaration


Confederation of Lawyers of Asia and the Pacific (COLAP)


July 28th, 2023


We, lawyers of the Confederation of Lawyers of Asia and the Pacific (COLAP), gathered in Kathmandu, Nepal, on July 28, 2023, are concerned about the current military tension in the Asia-Pacific region and hereby declare.


The United States, since President Trump, has increased its military presence in Asia, by advancing a concept of "Indo-Pacific region," and has strengthened its military alliance with Japan and South Korea in particular, in an effort to encircle China, North Korea, and Russia. The Asian neighbors surrounding China, Russia, and North Korea have been increasing their military capabilities and exercises. Such moves exacerbate military confrontations in Asia, increase the risk of war, and violate the right of the peoples of Asia to live in peace.


On the Korean Peninsula, under the pretext of responding to the DPRK’s nuclear weapons testing, U.S.-South Korean joint military exercises mobilized US nuclear strategic assets including nuclear strategic submarines. Military exercises have been more frequently conducted on a large scale since the advent of the Yoon administration, and the DPRK has repeatedly launched missiles for testing in response to these exercises. This nuclear crisis on the Korean Peninsula is the most serious since the Korean War. Japan is attempting to become the world's third-largest military power by projecting the threat of China and the DPRK, developing the Self-Defense Forces' capability to attack enemy bases, and doubling its military budget. Under President Biden's leadership, the U.S.-Japan-South Korea trilateral military alliance has held numerous meetings, and the three countries have confirmed that they will strengthen their military to deter North Korea. Many years of economic sanctions on DPRK have not been lifted, resulting in the confrontation becoming more serious and intense with a possibility of nuclear war which will devastate in Northeast Asia. Therefore, the resolution of these issues relating to Korean Peninsula must be resolved with urgency and we call for immediate dialogue between all governments in Northeast Asia.


In Taiwan, the Taiwan contingency scenario released by the CSIS, a U.S. think tank, details military action by the U.S., Japan, and Taiwan in the event of a Taiwan contingency. U.S. military action does not fall under the right of collective self-defense under the UN Charter but is merely military interference in internal affairs. By highlighting the Chinese threat, Japan seeks to build up its military power and complement U.S. strategy.


In the Philippines, the U.S. has added use of four new military bases and is strengthening its military capabilities toward Taiwan contingency and the South China Sea, and U.S.-Philippine military exercises are being conducted for this purpose.


In addition to strengthening its military alliance with South Korea, Japan, and the Philippines, the U.S. is also strengthening encirclement of China in the Indo-Pacific countries at large, involving countries outside of Asia, such as Australia and the U.K. in AUKUS and QUAD.


In the South China Sea, China continues escalating tension by sending survey ships to Vietnamese exclusive economic zone, deploying strategic aerial bombing exercises in the SCS, intimidating Philippines Coast Guard vessels and constructing military facilities in offshore islands. In this context a peaceful solution is required, including compliance with the arbitration tribunal ruling made on July 12, 2016 in the Philippines’ case against China in the South China Sea, the provisions of UNCLOS and the conclusion of a Code of Conduct in the South China Sea.


In Bangladesh, there is serious Rohingya refugee crisis continuing unabated. About more than 10 million Rohingya fled to Bangladesh victims of persecution committed by Myanmar’s military junta. COLAP demand that Myanmar urgently must accept the repatriation of Rohingya refugees ensuring their security, dignity, with rehabilitation and confirm on them their rights of citizenship in their motherland under UN guidelines.


The COLAP expresses its serious concerns regarding ongoing violence against women and free thinkers in Afghanistan. We condemn NATO and Taliban for their war crimes and crimes against humanity and for the present volatile consequences. We demand that criminal proceeding the initiated against NATO occupation forces and Taliban in the international criminal court.


COLAP calls upon all major countries in Asia to cease interference in the internal policies of the nations in the region and refrain from diktat and hegemony.


We should strengthen the larger flow of non-aligned nations such as ASEAN, BRICS, SAARC, and NAM, which are centered on the Global South, and oppose military alliance from inter-state relations of military alliances; to advance from military confrontation to a non-aligned Asia. We oppose new colonialism in any form.


Since its inception in 2016, COLAP has organized meetings of lawyers from Asia-Pacific countries and issued important statements and resolutions. We have emphasized the need to ensure compliance with the UN Charter's principles of peaceful settlement of disputes and prohibition of the use of force. We have called for international relations to be based on the principle of multilateralism in the UN Charter. We must avoid all military confrontations in the Asia-Pacific to realize the right to peace and development of the peoples of Asia as set forth in the U.N. Declaration and the ASEAN Declaration of Human Rights, and we rededicate ourselves to achieve this goal.

最新記事

すべて表示

IADLアカデミー(モニク·ロラン=ヴェイユ記念国際法民衆講座)

IADLアカデミー(モニク·ロラン=ヴェイユ記念国際法民衆講座)が連続で開かれます。国際法、国際政治を学ぶ学生に最適です。第1回は11月3日です。 テーマ(予定) 2023年11月以降 I 講座 1) 国連憲章、その起源、本質的な原則と今日的な関連性。 2) 国連機関とそれぞれの役割と権限: 3)主な付属機関・専門機関 4) 人権と民族の権利 5) 地域人権システム(米州、欧州、アフリカ) 6)武

東北アジアの軍事的緊張に関するアジア太平洋法律家連盟(COLAP)決議COLAP Resolution on Military Tension in Northeast Asia

東北アジアの軍事的緊張に関するアジア太平洋法律家連盟(COLAP)決議 2022年10月29日 1. 2022年に入って、ウクライナ戦争を口実に、米日韓の政府は、ロシアや中国、北朝鮮の脅威をあおり、西側諸国と中国・北朝鮮との軍事的対立を高めてきた。軍事ブロックによる抑止政策や挑発行為をやめることはウクライナ戦争からの我々の教訓であり、これまで米国一国だけがアジア大陸で日本に使用してきた核

Comments


bottom of page