検索

東北アジアの軍事的緊張に関するアジア太平洋法律家連盟(COLAP)決議COLAP Resolution on Military Tension in Northeast Asia

東北アジアの軍事的緊張に関するアジア太平洋法律家連盟(COLAP)決議


2022年10月29日


1. 2022年に入って、ウクライナ戦争を口実に、米日韓の政府は、ロシアや中国、北朝鮮の脅威をあおり、西側諸国と中国・北朝鮮との軍事的対立を高めてきた。軍事ブロックによる抑止政策や挑発行為をやめることはウクライナ戦争からの我々の教訓であり、これまで米国一国だけがアジア大陸で日本に使用してきた核兵器または「汚い爆弾」による攻撃の脅威と、その後、米国主導のNATO軍がユーゴスラビア戦争で、またその後米国主導のアフガニスタン、イラクでの爆撃作戦で使用した核燃料廃棄物でできた劣化ウラン弾の使用による脅威を伴っている。


2. 東北アジアに軍事的緊張を引き起こしている主要な原因は、米国のアジア対する安全保障戦略にある。バイデン政権下の米国安全保障戦略(2022年10月)では、インド太平洋地域を死活的に重要な地域とし、軍事同盟を結んでいる日本、韓国、フィリピン、タイとの同盟関係を中心にインド、アセアン諸国とも連携して、中国に対する軍事的抑止による対決姿勢をあらわにしている。


3. 2022年5月に発足した韓国のユン・ソンニョル大統領は対北強硬策を取り、米韓の軍事演習が前政権よりもかなり多く行われてきた。南北の発表を総合してみると、最近の北朝鮮のミサイル発射行為は、米韓の軍事行動が行われた後に行われている。韓国政府は現在進行中の韓米軍事訓練が防御的なものだと主張しているが、韓米当局はこの数十年間、北朝鮮に対する先制攻撃、数百カ所の戦略拠点に対する打撃、金正恩斬首作戦など攻撃的な軍事演習を行っており、数十万の兵力と空母、数百台の戦闘機を動員して軍事訓練を行ってきている。日本もこの軍事演習に参加し、在日米軍基地から米軍をサポートしている。これらは北朝鮮に対する明白な軍事脅威であり敵対的行動である。


4. 一方、日本では、ロシア情勢を受けて、岸田首相は、中国、北朝鮮を想定して、自衛隊の敵基地攻撃能力の保有を宣言し、軍事力の増強を図ろうとしている。これは日本の憲法9条の原則である専守防衛原則に違反するものであり、国連憲章で禁止されている先制攻撃にもつながる可能性を有する。これも、北朝鮮や中国に軍事的脅威を与えるもう一つの敵対的行動である。


5. トランプ政権以降、米中間の対立が激化し、習主席は台湾の紛争解決のために武器に訴えることも否定できないと述べている。2022年8月には米国のベロシ下院議長が、中国の「一つの中国原則」に反して台湾を訪問し、中台の緊張が急激に高まり、中国はこれに軍事演習で対応した。IADL声明(2022年3月)では、ウクライナ戦争によるNATOの東方拡大や米国の内政干渉がロシアの軍事行動に対する挑発だと指摘した。このような挑発行為も武力紛争につながりかねない危険な行動である。2022年9月の米国・ハリス副大統領の南北朝鮮の軍事境界線の訪問も、北朝鮮を刺激する行為であった。


6. 米国は、北朝鮮に対しては特に9・11同時多発テロ以降、ならず者国家と名指しし、核兵器も含む軍事的威嚇、過度な経済制裁をしてきた。また韓国政府も、北朝鮮を反国家団体と規定して南北の敵対関係を強める国家保安法を維持し、北朝鮮に味方するような市民の言動を広く処罰している。


7. しかし2022年5月には、軍事演習の中止など他にやることがあるとの理由で、国連安保理の北朝鮮に対する経済制裁決議が、中ロの反対により初めて否決された。対話と緊張緩和でなく、軍事的・経済的強制力で抑え込もうという軍事の発想は万能でなく、紛争を外交で平和的に解決することが、国連憲章6章で定められている。


8. 以上のような軍事的対立を引き起こしている根本的な原因は、攻撃的な日米韓の軍事同盟体制にある。冷戦が終わったのに、攻撃的な軍事ブロックの拡大は終わることなく、NATOの東方拡大と同じく、紛争を引き起こしている。巨大な米軍基地を日本、韓国に70年以上にわたって配備し続けていることも、北朝鮮、中国に軍事的脅威を与えている。


9. 集団的自衛権や外国軍事基地を恒久化する軍事同盟体制は、国連憲章の精神に反し、アジアの軍事的緊張を一層高めるものである。COLAPは、東北アジアとアジア大陸の政府に対し、米国との軍事同盟を解消し、米軍基地を撤去し、東北アジアとアジア大陸のすべての未解決紛争を、対話を促進し、強硬な軍事アプローチを避けることによって平和的に解決するよう求めるものである。

核兵器の使用は「人類絶滅的」であり、人類と地球に対する戦争行為であるから、COLAPは、すべての政府に対し、核兵器、「汚い爆弾」、「小型核兵器」、「劣化ウラン兵器」の使用を、世界のいかなる地域においても、直接または代理を通して行わないよう要請するものである。






COLAP Resolution on Military Tension in Northeast Asia


October 29, 2022


1. In 2022, under the pretext of the war in Ukraine, the governments of the United States, Japan, and South Korea have stirred up threats from Russia, China, and DPRK, and have increased military confrontations between Western countries and China and DPRK. Ceasing deterrence policies, provocations by military blocs and resorting to all out war directly and by proxy is our lesson from the war in Ukraine, with the threat of attack by nuclear weapons or ‘dirty bombs”, used hitherto by only one power the United States on Japan, in our continent of Asia, and thereafter the use of Depleted Weapons made from the waster product of nuclear fuel used by US led NATO forces, in the war on Yugoslavia, and thereafter by US led bombing operations in Afghanistan and Iraq.


2. The main cause of military tension in Northeast Asia is the U.S. security strategy toward Asia. The U.S. National Security Strategy under the Biden administration (October 2022) identifies the Indo-Pacific region as a region of vital importance and expresses a hostile posture toward China through military deterrence, focusing on alliances with Japan, South Korea, the Philippines, and Thailand, as well as with India and ASEAN countries.


3. South Korean President Yoon Seong-Nyeol, who took office in May 2022, has taken a hard-line approach toward the North, and U.S.-South Korea military exercises have been conducted considerably more than those of the previous administration. According to a synthesis of North and South Korean announcements, DPRK's recent missile launch actions have taken place after U.S.-South Korean military actions have taken place. Although the South Korean government claims that the ongoing ROK-U.S. military drills are defensive in nature, ROK and U.S. authorities have conducted offensive military exercises over the past several decades, including preemptive strikes against DPRK, strikes against hundreds of strategic sites, and operations to behead Kim Jong-un, mobilizing hundreds of thousands of troops, aircraft carriers, and hundreds of fighter jets to conduct military drills. Japan has also participated in them and has supported U.S. forces from U.S. bases in Japan. These are clear military threats and hostile actions against DPRK.


4. Meanwhile, in Japan, Prime Minister Kishida, in response to the situation in Russia, is attempting to increase its military power that Japan's Self-Defense Forces will possess an enemy base attack capability against China and DPRK. This is a violation of the principle of exclusive defense, which is the principle of Article 9 of Japan's Constitution. It has the potential to lead to a preemptive attack, which is prohibited by the UN Charter. This is another hostile action that poses a military threat to DPRK and China.


5. Since the Trump administration, the conflict between the U.S. and China has escalated, and President Xi has stated that resort to arms to resolve the conflict on Taiwan cannot be ruled out. in August 2022, the US House of Representatives, Nancy Pelosi, visited Taiwan in violation of the "one China principle" and it caused sharply tension between China and Taiwan, to which China responded with military exercises. The IADL statement on the war in Ukraine (March 2022) pointed out that NATO's Eastward expansion and U.S. interference in its internal affairs were provocations against Russia. Such provocations are also so dangerous actions that they could lead to armed conflict; U.S. Vice President Harris' visit to the military demarcation line between North and South Korea in September 2022 was also an act of provocation against DPRK.


6. The U.S. has labeled DPRK a rogue state, especially after the 9/11 terrorist attacks, and has threatened DPRK militarily, including with nuclear weapons, and imposed excessive economic sanctions. The South Korean government has maintained the National Security Law, which stipulates that DPRK is an anti-national organization and enhances the hostile relationship between North and South Korea, and widely punishes citizens who speak or act in favor of DPRK.


7. However, in May 2022, the UN Security Council resolution on economic sanctions against DPRK was rejected for the first time due to opposition from China and Russia, on the grounds that they had other things to do, such as halting military exercises. The military idea of suppressing by military and economic coercion, rather than by dialogue and easing of tension, is not a panacea, and the UN Charter Chapter 6 stipulates that international disputes should be resolved peacefully through diplomacy.


8. The root cause of the military confrontation described above is the aggressive U.S.-Japan-South Korea military alliance system. The continued expansion into an aggressive military bloc, even though the Cold War ended, is not over, triggers conflict, as does NATO's Eastward expansion. The continued deployment of huge U.S. military bases in Japan and South Korea for over 70 years also poses a military threat to the DPRK and China.


9. The right to collective self-defense and military alliance regimes that make permanent foreign military bases are against the spirit of the UN Charter and further heighten military tension in the Asia region. COLAP calls on the governments of North East Asia and in the Asian Continent, to end military alliances with the United States, dismantle US military bases, and for a peaceful solution to all outstanding disputes in North East Asia and on the Asian Continent by promoting dialogue and avoiding a hard –line military approach .

COLAP calls on all governments to desist from the use of Nuclear Weapons, ‘ Dirty Bombs’, ‘Small Nukes’ and Depleted Uranium weaponry, either directly or through proxies in any region of the world, as the use of nuclear weapons is ‘omnicidal’, an act of war on humanity and our planet


最新記事

すべて表示

https://iadllaw.org/2022/03/iadl-statement-on-the-escalating-war-in-ukraine-finding-the-road-to-peace/ 国際民主法律家協会(IADL)は、ウクライナで進行中の戦争の激化に関する声明を発表した。 国際社会に対し、平和への道を見出すことを要求する 2022年3月8日 ロシアのウクライナ侵攻が始まった当

2022年2月26日 https://iadllaw.org/2022/02/iadl-statement-on-russian-military-actions-in-ukraine/ 国際民主法律家協会(IADL)は、ロシア軍がウクライナの領土保全に対して行った軍事行動と、これらの行動から生じる国際平和と安全に対する重大な脅威に対応するため、本声明を発表するものである。 IADLは、国連憲章の