検索

災害時の外国人支援のためのオンラインアンケートのお願い

CWS Japanの「災害時の外国人支援のためのオンラインアンケート」の協力をしています。都内在住の方を中心に、アンケートにご協力ください。日本語、英語、ベトナム語、ミャンマー 語、ネパール語、中国語二種類があります。締め切りは4月26日とありますが、5月上旬ぐらいまでは大丈夫そうです。

-災害発生時に困ること-

Questionnaire on the Needs of Foreign Residents in Japan in Time of Disaster

關於災害發生時在日外國居民需求的問卷調查

关于灾害发生时在日外国居民需求的问卷调查

Bảng câu hỏi dành cho người nước ngoài sống ở Nhật BảnVấn nạn trong trường hợp xảy ra thảm họa

စစ်တမ်းကာလ

सर्वेक्षण अवधि

https://www.cwsjapan.org/…/%e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%…/

最新記事

すべて表示

IADLの執行部会議で、福島の汚染水放出を非難する決議が採択されました

フクシマの原発汚染水の海洋放出に関するIADL声明 日本政府は、福島原子力発電所内に保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋放出することを決定した。この決定は国の内外から強い批判を浴びており、直ちに撤回することを求める。 汚染水に含まれるトリチウムの安全性を保障する科学的見解がなく、それ以外の放射性物質が含まれていることも明らかになっており、汚染水の海洋放出による人体や環境への被害は

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I

アメリカ合衆国の国際刑事裁判所に対する一方的な強制措置に関するIADLの決議

国際民主法律家協会(IADL)は、経済社会理事会およびユネスコと協議資格のあるNGOである。IADLは、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中におけるその加盟協会・団体とともに、国際法を擁護し、人権を推進し、国際の平和と安全に対する脅威と対峙してきた。創設以来、IADLのメンバーは、人種差別主義、植民地主義、また、発生地のいかんを問わず、経済的政治的な正義に反する事態に抗議して