検索

韓国への輸出規制に反対する声明

1. 日本政府は、7月4日から半導体製造などに使われる化学物質の韓国への輸出規制を始めた。韓国の徴用工判決に対する事実上の報復措置である。


2. 徴用工判決は、植民地時代の強制労働に対する日本企業への賠償責任を認めたものである。日本政府の見解によっても、このような強制労働をさせられた被害者への個人の賠償請求権は認められるべきものである。このような賠償請求権を認めた判決に対して、日本政府は韓国の三権分立を無視する発言をしたのみならず、今回の輸出規制に着手したのである。


3. 今回の輸出規制は、韓国やその他の諸国に大きい経済的損害を発生させるだけでなく、戦争責任裁判という正義の分野に、経済の力を持ち込むものであり、正義を経済の力で押しつぶそうとするものである。また、これにより日韓の国交関係は悪化し、本来は朝鮮半島の平和プロセスを協力的に進めていかなければならない両国の関係に深い亀裂を生じさせ、緊張を高めるものである。


4. 日本国際法律家協会は、超法規的な殺害による人権侵害の深刻なフィリピン政府に対し、日本政府はODA規制や武器禁輸をすべきとの声明を出した(2019年5月30日)。日本政府が、対外的な制裁を問題にするのであれば、このような国にこそ目を向けるべきである。


5. 日本国際法律家協会は、日本政府に対して、韓国への輸出規制をただちに撤回することを求める。


2019年7月10日


最新記事

すべて表示

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I

アメリカ合衆国の国際刑事裁判所に対する一方的な強制措置に関するIADLの決議

国際民主法律家協会(IADL)は、経済社会理事会およびユネスコと協議資格のあるNGOである。IADLは、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中におけるその加盟協会・団体とともに、国際法を擁護し、人権を推進し、国際の平和と安全に対する脅威と対峙してきた。創設以来、IADLのメンバーは、人種差別主義、植民地主義、また、発生地のいかんを問わず、経済的政治的な正義に反する事態に抗議して

オンラインイベント(11/17) 響きあう人権 やさしさと勇気は国境を越えて~国連の「弁護士の役割に関する基本原則」を中心に~

11月17日(火) 午後6時30分~午後8時 日本弁護士会連合会事務総長を努められた大川弁護士が、本年7月「響きあう人権 やさしさと勇気は国境を越えて」を出版されました。 「自由、人権、民主主義のために献身的に取り組む人たちは、国内の人たちも、国外の人たちもやさく、勇気があり、人間的魅力に溢れているように思われる。それらは、自らの地位や利益だけを考えて生きるのではなく、他者を思い、社会をよりよいも

日本国際法律家協会 JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)

 

〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-4-906

Fax 03-3225-1025 

メール jalisa(a)jalisa.info ((a)を@に変えてメールでお送りください)

© 2019 by JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)