検索

韓国への輸出規制に反対する声明

1. 日本政府は、7月4日から半導体製造などに使われる化学物質の韓国への輸出規制を始めた。韓国の徴用工判決に対する事実上の報復措置である。


2. 徴用工判決は、植民地時代の強制労働に対する日本企業への賠償責任を認めたものである。日本政府の見解によっても、このような強制労働をさせられた被害者への個人の賠償請求権は認められるべきものである。このような賠償請求権を認めた判決に対して、日本政府は韓国の三権分立を無視する発言をしたのみならず、今回の輸出規制に着手したのである。


3. 今回の輸出規制は、韓国やその他の諸国に大きい経済的損害を発生させるだけでなく、戦争責任裁判という正義の分野に、経済の力を持ち込むものであり、正義を経済の力で押しつぶそうとするものである。また、これにより日韓の国交関係は悪化し、本来は朝鮮半島の平和プロセスを協力的に進めていかなければならない両国の関係に深い亀裂を生じさせ、緊張を高めるものである。


4. 日本国際法律家協会は、超法規的な殺害による人権侵害の深刻なフィリピン政府に対し、日本政府はODA規制や武器禁輸をすべきとの声明を出した(2019年5月30日)。日本政府が、対外的な制裁を問題にするのであれば、このような国にこそ目を向けるべきである。


5. 日本国際法律家協会は、日本政府に対して、韓国への輸出規制をただちに撤回することを求める。


2019年7月10日


最新記事

すべて表示

オンラインイベント(10/2) パレスチナ問題入門 医療・こども支援活動から見える問題と実態

日時:2020年10月2日(金) 18:30~20:00 1)パレスチナ問題とは何か 清末愛砂(室蘭工業大学准教授、JALISA理事、北海道パレスチナ医療奉仕団メンバー) そもそも、パレスチナ問題とは何なのか?どんなことが起こってる?今さら聞けないことも、わかりやすく解説。 猫塚さんと一緒にパレスチナ子ども支援活動を行っている清末さんが、現地の活動も交えながら、お話します。 2)「パレスチナ医療・

オンラインイベント(9/15)コロナ禍とその後の世界:「当たり前」がコロナ禍を生んだならば、その当たり前に本当に戻るのか?

(followed by English) 現在の新型ウィルスの世界的流行に伴い、本会として参加を検討していた国際会議が中止・延期を余儀なくされていることから、 日本国際法律家協会(JALISA)では、終息後の国際会議に向けた準備も兼ねて、連続オンライン講座を行っております。 9月15日は、イタリアで活動する教育家・多文化教育研究者をお招きし、コロナウィルスの猛威下での生活と、 感染症対策による社

オンラインイベント8/20「韓国から見た安部政権の加憲論の問題点と9条をめぐる攻防」

日時:2020年8月20日(木) 18:30~20:00 講演者:李 京柱 氏(韓国・仁荷法科大学院教授、憲法学) 演題:「韓国から見た安部政権の加憲論の問題点と9条をめぐる攻防」 対談:堀尾 輝久 氏(9条地球憲章の会代表世話人、東京大学名誉教授、教育思想 史) 司会:清末 愛砂 氏(本会理事、室蘭工業大学准教授、憲法学) 主催:日本国際法律家協会(https://www.jalisa.info

日本国際法律家協会 JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)

 

〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-4-906

Fax 03-3225-1025 

メール jalisa(a)jalisa.info ((a)を@に変えてメールでお送りください)

© 2019 by JALISA(Japan Lawyers International Solidarity Association)