検索

12/7 軍隊を捨てた国 コスタリカ憲法から学ぶ:ロベルトサモラ弁護士講演会

東京:12月7日(土)15:00~17:30

聖心女子大学 1号館4階400教室東京都渋谷区広尾4-3-1

資料代:1000円

主催:日本国際法律家協会

共催:コスタリカに学ぶ会、9条地球憲章の会、富士国際旅行社


【場所】@1号館4階 400教室

広尾駅2番出口→南門、または、4番出口→北門(前者を推奨)のルートで、「1号館入口」までお越しください。「1号館入口」から400教室までは、掲示によりご案内します。

南門・北門の守衛室に、イベント開催の旨を伝えておきますので、そちらで1号館入口の場所を教えて頂けます。

なお、1号館への入口は複数ありますが、添付の地図に記載した「1号館入口」以外は、掲示による会場案内を行いません。


【その他】

キャンパスマップに必要事項を書き込んだものを添付します。

守衛室には「国際関係・平和研究会(日本国際法律家協会共催)」という名称で伝えておりますので、1号館に直接お越しになる方はご留意ください(イベントの具体的内容までは伝わっていないので、「~の講演会」等と断片的に聞いても、何のことか理解してもらえない可能性が高いです)。


ーーー

◆ロベルトの取り組んできた活動と訴訟の紹介(JALISA笹本潤弁護士)

◆ロベルト・サモラ氏講演

・コスタリカが軍隊なくてどうやって平和を守ってこれたのか。

・コスタリカはなぜ平和憲法第12条を維持できるているのか。

・平和憲法を守るために訴訟で闘う意義。

・日本国憲法9条改正の危険性、国際的な意味。

◆安保法制違憲訴訟(コスタリカに学ぶ会:杉浦ひとみ弁護士)

◆9条地球憲章から

◆ロベルトのまとめの発言と質疑応

ーーー












最新記事

すべて表示

IADLの執行部会議で、福島の汚染水放出を非難する決議が採択されました

フクシマの原発汚染水の海洋放出に関するIADL声明 日本政府は、福島原子力発電所内に保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋放出することを決定した。この決定は国の内外から強い批判を浴びており、直ちに撤回することを求める。 汚染水に含まれるトリチウムの安全性を保障する科学的見解がなく、それ以外の放射性物質が含まれていることも明らかになっており、汚染水の海洋放出による人体や環境への被害は

災害時の外国人支援のためのオンラインアンケートのお願い

CWS Japanの「災害時の外国人支援のためのオンラインアンケート」の協力をしています。都内在住の方を中心に、アンケートにご協力ください。日本語、英語、ベトナム語、ミャンマー 語、ネパール語、中国語二種類があります。締め切りは4月26日とありますが、5月上旬ぐらいまでは大丈夫そうです。 -災害発生時に困ること- Questionnaire on the Needs of Foreign Resi

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I