検索

フィリピンの超法規的殺害クラウドファンディング、目標達成!ありがとうございました!次は5月のイベントです

最終更新: 2019年4月3日

フィリピンで命の危険に屈せず抗い続ける労働者たちの声よ届け!

フィリピンでは法的な手続きをせずに、政府などが関与して行われる殺人「超法規的殺害」が蔓延。労働者の権利を守ろうとする人権活動家や弁護士なども殺されています。

この劣悪な状況を日本の多くの人々にも伝え、考えてもらいたい…。

そこでフィリピンから人権活動家や労働組合事務局長を招へいし、5月にシンポジウムを開催することにしました。

一人ひとりの人権や尊厳が守られ、自由に意見を言える社会を目指して闘ってきた人々が、次々に殺されていくという危機的な状況。その中で、砂糖やバナナ、鉱物資源などの輸入国としてフィリピンと深く結びついている日本には何ができるのでしょうか。


同国の人権侵害と日本に住む私たちがどのように関係しているのか、この暴挙を止めるために私たちに何ができるのか、何をしてはならないのか、多くの方々に一緒に考えてもらいたいと願い、このプロジェクトを立ち上げました。


2019年5月に、フィリピンの人権団体KARAPATANネグロス代表とサトウキビ労働組合NFSW事務局長を日本にお招きし、愛知県や大阪府、神奈川県、東京都などにおいて、同国で続く人権侵害の現状とその背景について報告していただきます。


今回のクラウドファンディングでは、来日するお二方の招聘にかかる費用を支援していただきたいと思います。

最新記事

すべて表示

IADLの執行部会議で、福島の汚染水放出を非難する決議が採択されました

フクシマの原発汚染水の海洋放出に関するIADL声明 日本政府は、福島原子力発電所内に保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海洋放出することを決定した。この決定は国の内外から強い批判を浴びており、直ちに撤回することを求める。 汚染水に含まれるトリチウムの安全性を保障する科学的見解がなく、それ以外の放射性物質が含まれていることも明らかになっており、汚染水の海洋放出による人体や環境への被害は

災害時の外国人支援のためのオンラインアンケートのお願い

CWS Japanの「災害時の外国人支援のためのオンラインアンケート」の協力をしています。都内在住の方を中心に、アンケートにご協力ください。日本語、英語、ベトナム語、ミャンマー 語、ネパール語、中国語二種類があります。締め切りは4月26日とありますが、5月上旬ぐらいまでは大丈夫そうです。 -災害発生時に困ること- Questionnaire on the Needs of Foreign Resi

日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議

2020年10月25日に開催された国際民主法律家協会(IADL)評議会において、以下の決議が採択された。(IADL(ジーン・マイラー会長)は、ECOSOCとユネスコで国連の協議資格を持つ非政府組織であり、国連憲章の目標を推進するために1946年に設立され、世界中で 一貫して国際法を守り、人権を推進するために闘ってきた。 日本政府による学問の自由への介入を非難するIADL決議 国際民主法律家協会(I